出会い

何を探し求めてきたのでしょうか?

生きるってどういうこと?

人はどこから来たのだろう?

何処に帰るのだろう?

宇宙ってなんだろう?

なぜ親子なの?

愛って何?

なぜ争わなくてはいけないの?

命って何?何処に在るの?

死んだらどうなるの?なぜ死ぬの?

神って何?

絶対って何?

自由って何?

夢って何?何故見るの

体ってどうなっているの?

自然って何?

本当のことって何?

…………………………………..?

 

今まで私達人類は膨大な量の情報を蓄積してきました。他の生物が全く持つこともなく生きている疑問というものを追求してきた結果とも言えましょう。たとえば前述したような疑問です。多くの人がこのような疑問を解明するために様々な角度から、多様な手法によって研究を重ねてきました。
しかしここで少し考えてみて欲しいことがあります。
いかなる疑問も、今までに著された膨大な書物も全てコトバ を使うことで為されているのです。

コトバで思い
コトバで考え
コトバで悩み
コトバで喜び
コトバで苦しみ
コトバで悲しみ
コトバで思想を作り出し
コトバで争い
コトバで価値基準を作り、生きているのです。

ではもしコトバがなかったらどうなるでしょうか?
思考という行為はコトバなくしては成立しません。さらに先に考えるきっかけあるいは原因になる思いというものがないので考えることができません。思考という熟語の順序に着目してください。思い、そして考えることが出来なければ他の生物のように本能だけで生きることになります。人類は他生物とは異なり文明というものを持っているユニークな生物です。その類のない唯一性の基盤には、コトバを使う、つまりそれにより思考できるという性能があります。
思いかつ考えることができるからいろいろな工夫をし、生活をより便利にかつまた快適に過ごすにはどうしたら良いのかなどの創意工夫をしてきたのです。

それでは『コトバ』とはどういう存在なのでしょうか?『コトバ』とはどういうエネルギーなのでしょうか?これからそのことについて考えてみましょう。