混沌の必然性

混沌の必然…宇宙の進化プロセス

 世界中で大洪水、大干ばつ、アマゾンやオーストラリアの大火災、火山の噴火、地震が頻発しています。異常気象を引き起こしているのは温室効果です。私達人類が生活するのに出しているたくさんの二酸化炭素が原因です。二酸化炭素の排出量は下記のグラフによると、1750年代アメリカの独立宣言が1776年、日本は江戸時代中盤、この頃の排出量はグラフに示せないほどですが、産業革命を経て、第2次世界大戦1930〜40年代位から急激に上昇し始めます。

1970年代のオイルショックバブル期から石炭、石油等の化石燃料の使用量の増加によって更に排出量が増えていきます。また各国のCO₂の排出量は

現在は上記のグラフで2015年の各国のCO₂の排出量は中国、アメリカ、インド、ロシア、日本、ドイツ等330億トンにも上ります。

 私達人類が誕生して以来、人類は様々な道具や火(エネルギー)を使うことで進化してきました。

人類が火を使い出したのは50万年前のことだそうです。その後1万年程前から農耕や牧畜を始め牛馬の力を耕作用動力源として使っていたそうです。風力や水力など自然エネルギーも様々な分野で活用するようになったそうです。

 16世紀になるとそれまで暖房用にのみ使われていた石炭(化石燃料)が動力源としても利用するようになり、ワットが1765年に蒸気機関を発明し工場での動力源ほか蒸気機関、蒸気船など様々な分野に応用されるようになり、この発明により生産力は大幅に向上し石炭の消費量も飛躍的に増大することになったそうです。石炭が豊富だったイギリスを中心に産業革命が起こり、文明も一気に発展することになりました。

 1859年アメリカで新しい石油採掘方法が開発され、石油の大量生産が可能になるとその利用法も急速に発展した。更には1950年代中東やアフリカに相次いで大油田が発見され、エネルギーの主役は石炭から石油へと移行した。大量に安く供給された石油は様々な交通機関、暖房用、火力発電などの燃料としてまた石油化学製品の原料としてその消費量は飛躍的に伸びました。

 上記のグラフにあるように産業革命以降CO₂の排出量はとんでもない量に達するのです。以下ネットからの情報です。

 大量のCO₂の蓄積によってこの二酸化炭素の国別排出量や、国民一人当たりの排出量は、国や地域によって大きく異なります。2016年の一年間に、世界約190カ国から排出された二酸化炭素の総量は、およそ323億トン(二酸化炭素換算)ですが、そのうち、70%近くは、日本を含めたほんの十数カ国からの排出が占めていました。
 また、一人当たりの二酸化炭素排出量を比較すると、先進国の排出量が、途上国の3倍以上に相当していることがわかります。世界の二酸化炭素の排出量が増えている原因は、これらの一部の国に住む人たちが、電気や石油をたくさん使う生活をしているためです。
 さらに温暖化の深刻な被害をすでに受けている人々の多くは、温暖化にほとんど責任のない、貧しい途上国にすむ人たちです。温暖化は環境問題であると同時に、貧困や格差の問題でもあると云うことができるでしょう。

1970年から2010年までの40年間に、世界で排出された温室効果ガスの総量は、実に80%近くも増加。特に、二酸化炭素の排出量は、同じ40年間に、倍近くもの伸びを見せています。

特に増えたのは、エネルギー供給部門からの排出で、150%以上も増加しました。さらに、運輸部門が約150%、産業部門も約60%増え、現在も伸び続けています。90%あまりも増加した世界の人口と、経済活動の拡大にともなう所得の増加が、こうした温室効果ガス増加の背景にあるとみられています。
 森林破壊や農業由来の排出量も小さくありません。森林の伐採や火災、農地を造成するための土地改変等による二酸化炭素の排出くわえて、農業での施肥が元で排出される温室効果ガスは、実に全排出量の1/4になります。
森林が破壊されると、二酸化炭素の吸収源が失われるため、さらに温暖化を加速させてしまうおそれがあります。
 現在、 森林や海洋といった地球上の自然が、1年間に吸収してくれる二酸化炭素の量は、約半分の180億トンほど(二酸化炭素換算)と見積もられていますが、一方で、世界中の国々が排出している排出量は約340億トン。自然が吸収できる許容量を、はるかに超えています(※2)。
 このため、地球の大気中に残る二酸化炭素の量は、毎年あたり、160億トンにのぼり、温暖化を進めてしまっているとみられています。
 この排出と吸収のバランスをとることは、地球の未来を考える上で、避けることの出来ない課題といえるでしょう。

 排出した二酸化炭素が、地球の環境の中で自然に循環できるレベルに抑えられるように、炭素の排出を削減してゆかなければ、温暖化は止めることができないのです。

さて上記のように温室効果について見てきましたが、この問題を解決するにはCO₂の排出量を減らさなければなりません。そのために私達が行うべきことは生活スタイルを変える必要があります。今までの生活スタイルは消費型で、スーパーで買い物をすると沢山のゴミが出ます。野菜を包んでいる包装紙やお肉、お魚を置いてあるトレー、またペットボトルやお菓子の袋等様々なゴミが出ます。段ボールやティッシュボックス等は全てリサイクルに出し、両親は生ゴミを畑の肥料にしています。衣類は教会に寄付し、他は地域の公民館の再利用を利用しています。

これから私がやるべきゴミ問題は二つあります。一つは生活ゴミを極力少なくすること、もう一つはこのような消費型生活スタイルを作り出した意識を変える必要があります。

このような消費型生活スタイルを大自然循環型地球環境の中に作ってしまい、今日のような異常気象や、世界中で頻繁に起こる火山の噴火や地震、森林火災、大洪水、大旱魃、様々な多くの慢性疾患、病気、新たなウィルスによるパンデミック、家族の崩壊、学校教育の荒廃、人間関係の不信やいじめによる子供の自殺、会社におけるパワハラ、セクハラ、様々な差別行為。このような多くの問題が山住みしています。

 今ある世界の全ての問題は何が原因で起こっているのでしょうか?

 歴史を振り返って見てもいつのどの時代も争い、戦いの歴史です。なぜ争い、戦うのでしょうか?それは私達人類の生き方、考え方に大きな原因があるのではないでしょうか?

 このような状況になって初めて多くの方がこのままでは良くないと考えられるようになったのではないでしょうか?

 現代社会はまさに混沌としていますが、これは当然の結果ではないでしょうか?

私たち人類が創り出した世界は私たち人類中心の社会ですから、私たちの意識、思考の本質を根本から変えないことには万物共存共栄報恩大循環型社会はやって来ません。

 まず人と戦う前に自分自身と戦っている、その戦いを止める必要があります。その方法を数百万年もの長い間模索して来ましたが、特に有史以来宗教という形で自我を改めることをアプローチして来ました。しかし多くの宗教間でも争いがあります。

 私達人類の考え方、生き方が変わらない限り今の環境破壊や世界状況を消費型から循環型へ変えることはできません。

私たちの生き方、考え方、意識は言語でできていますが、意識が言語でできていることを私は全く知りませんでした。ましてやその言語が相対、対立的概念だということも知りませんでした。思考によって全てを生み出してきたのに、その思考の本質が言語であることを理解していなかったのです。言語によって普通に考えることを疑問視したことがありませんでした。

私達が今日まで蓄積してきた様々な知識や考え方ものの見方は、実は概念という人が作ってきた意実なのです。

私達人類はコトバを使って思考し、様々な物や事を作ってきました。思考がコトバによってできていることも知らずにです。

人が作ってきた意実は文字どおり「人+為=偽り」です。だから今の地球の状態は正にその反映です。概念思考による経済中心の社会システムはいよいよその限界を迎えようとしています。世界為替相場の乱高下、株価相場の博打のようなマネーゲーム、中国とチベットの問題、イスラエルとパレスチナの長い宗教紛争、消費型社会のゴミ問題、世界の異常気象の原因である私達のCO2を大量に出す生活様式、教育問題、政治の問題等々。   全てが出口のない袋小路に入ってしまいました。この現状は何が原因なのでしょうか?答えは一つです。私達人類の生活のあり方です。その生活のあり方はなんによって決定されているのでしょうか?人の意識です。私達の意識は人が作ってきた意実=概念ですから、有限、相対、差別的に働きます。

意実によって数の法則性が決定されます。意実は概念の場合は感情として働きます。感情の法則的側面は勘定になります。つまり打算的勘定が全ての法則性として働くので、だからこそ今の世界は何もかもお金中心なのです。

自我意識(概念思考)それ自体を改めること、感情と勘定を改めることができるのです。字分けは天鏡図の音の意実に読み替えることから始めます。日本語の表意文字を字分けすることは、音の意実を概念から理念、天念に読み替えることです。

天念の意味を理解していかないと宇宙の数の法則性を学ぶことができません。数はその意実によって能らきが決定されます。今までの人類意識(概念思考)では人が作ってきた意実(概念=偽)なので、数が打算的勘定としてしか能らかないのです。

  命の場である軸(時空)に至るにはまず命の「意実」を整える必要があります。

縦の時間性(天念の意実)の普遍的意味の理解が深まる程、横の空間性(天念の法則性)が確実に展開していきます。今茲の場=軸=点に至るには今という時間性能の情を概念の感情から、自分の情を客観的に観る観情を養う必要があります。自分の情を客観的に捉えることができると概念であ

る自我に振り回されることが少なくなります。まずは命の能きの意実を概念の意実から天念=理念の意実に、読み替えることが必要です。

時間性能である時の能きによって空間現象が決定されます。4次元の能きによって3次元現象が決まるのです。平たくいうと様々な意実付けによって世界が違ってみえるのです。

字分けによる読み替えによってまず天念=理念の意実が定着してきます。意識が今までの相対的感情から徐々に、対立的ではない調和的、平和的、普遍的意識に変わり始めます。好き嫌いで判断していた意識から、なぜ嫌うのか、なぜ好きなのかその理由を理解し始めるからです。

意識の客観性が強く能くようになります。自意識に客観力が養われてくればくるほど、自我による感情的意識が和らいできます。いやだな嫌いだなと思っていたことが、視点を変えることができるようになるので、柔軟に受け入れることができるのです。意識の拡大が起こってきます。自意識の意実が概念から理念天念に転換してきた証拠です。

徐々に意実が天念に讀変わっていくとその人の人生という空間現象が変わります。勿論机の上で文字を読み替えただけではまだ不充分でその意実を現実生活の中で生きて味わい、経験し実感すると理解納得に代わります。

注意すべきことは詞シの意味を抽出しただけでは表面的な意味しか捕らえることができません。抽出した意味をじっくり吟味する必要があります。吟味する祭により「普遍的な意味」を捉えることが大切だと思います。

何度も繰り返し吟味することによっていろんな角度から内容を捉えることができ、より深い意味を味わうことができます。

理解力を深め意識を高めていくことこそ、『天親心の慈しみ』を実感できる方法なのだと思います。

字分けにより意味の転換が起こり、徐々により普遍的な意実へ転換していくので、そのことを生活現象で確かめることができます。

  たとえば2009年3月31日朝6時32分ベッドから起きたとたん

「境を開く」

と閃きました。この日は父(照典)の80才の誕生日でした。

    境の文字には

境とはオトトヒの能きを開く、オトトイとは一昨日、過去の能きを開くと取ると、過去の能らきを開くことができるのは、「今」です。だから境という字の音読みが「キョウ=今日」となっているのだと思います。 

相対言(語=概念)の意味では「オトトイコイ」とは「一昨日来い」と過ぎ去った時なので、過去から『今』である現実に来ることは出来ません。「一昨日来い」とは不可能なのです。ところが日本語には一音一字の特徴があるので「オトトイコイ」という6音でワンセットの言語を「オ、ト、ト、イ、コ、イ」と言うように一音一音に分け、この音に一音に一字ずつ当てることが出来ます。また次のように2音ずつ取ると「オト+トヒ+コイ」となりこの音に表意字を一文字ずつ置き換えることが出来ます。例えば「音+問+来」のようにです。このようなことを「讀替える=ヨミカエリ」と言います。

「音+問+来」の意味は音を問いにおいでということです。6音をワンセットにした相対言=言語としての意味は「一昨日来い」という時間的にみて不可能なことでしたが、読みを返えた「音問来」の意味は音を問いにおいでということなので現在進行形になり意味はもちろん時間的関係性まで変わってしまいます。音の意味が全く変わってしまいます。しかも「音問来」とは今からでも明日でもその次の日でも、問いたいと思えば何度でもいつでも問うことが出来ます。無限に問うことができるのです。 

「一昨日来い」という過去の不可能が「今」に「ヨミカエリ甦り」、相対言とは全く異なった無限に問うことが可能な「絶対言」に「読み替える」のです。  

境とはオトトヒの能きを開く、オトトイとは一昨日、過去の能きを開くと取ると、過去の能らきを開くことができるのは、「今」です。だから境という字の音読みが「キョウ=今日」となっているのだと思います。 

相対言(語=概念)の意味では「オトトイコイ」とは「一昨日来い」と過ぎ去った時なので、過去から『今』である現実に来ることは出来ません。「一昨日来い」とは不可能なのです。ところが日本語には一音一字の特徴があるので「オトトイコイ」という6音でワンセットの言語を「オ、ト、ト、イ、コ、イ」と言うように一音一音に分け、この音に一音に一字ずつ当てることが出来ます。また次のように2音ずつ取ると「オト+トヒ+コイ」となりこの音に表意字を一文字ずつ置き換えることが出来ます。例えば「音+問+来」のようにです。このようなことを「讀替える=ヨミカエリ」と言います。

「音+問+来」の意味は音を問いにおいでということです。6音をワンセットにした相対言=言語としての意味は「一昨日来い」という時間的にみて不可能なことでしたが、読みを返えた「音問来」の意味は音を問いにおいでということなので現在進行形になり意味はもちろん時間的関係性まで変わってしまいます。音の意味が全く変わってしまいます。しかも「音問来」とは今からでも明日でもその次の日でも、問いたいと思えば何度でもいつでも問うことが出来ます。無限に問うことができるのです。 

「一昨日来い」という過去の不可能が「今」に「ヨミカエリ甦り」、相対言とは全く異なった無限に問うことが可能な「絶対言」に「読み替える」のです。  

境とはオトトヒの能きを開く、オトトイとは一昨日、過去の能きを開くと取ると、過去の能らきを開くことができるのは、「今」です。だから境という字の音読みが「キョウ=今日」となっているのだと思います。 

相対言(語=概念)の意味では「オトトイコイ」とは「一昨日来い」と過ぎ去った時なので、過去から『今』である現実に来ることは出来ません。「一昨日来い」とは不可能なのです。ところが日本語には一音一字の特徴があるので「オトトイコイ」という6音でワンセットの言語を「オ、ト、ト、イ、コ、イ」と言うように一音一音に分け、この音に一音に一字ずつ当てることが出来ます。また次のように2音ずつ取ると「オト+トヒ+コイ」となりこの音に表意字を一文字ずつ置き換えることが出来ます。例えば「音+問+来」のようにです。このようなことを「讀替える=ヨミカエリ」と言います。

「音+問+来」の意味は音を問いにおいでということです。6音をワンセットにした相対言=言語としての意味は「一昨日来い」という時間的にみて不可能なことでしたが、読みを返えた「音問来」の意味は音を問いにおいでということなので現在進行形になり意味はもちろん時間的関係性まで変わってしまいます。音の意味が全く変わってしまいます。しかも「音問来」とは今からでも明日でもその次の日でも、問いたいと思えば何度でもいつでも問うことが出来ます。無限に問うことができるのです。 

「一昨日来い」という過去の不可能が「今」に「ヨミカエリ甦り」、相対言とは全く異なった無限に問うことが可能な「絶対言」に「読み替える」のです。  

 以上現代社会の混沌は私たち人類意識の概念(偽念)が原因で起こっています。私たちの意識を概念から天念に読み替えることで、どのような変化が自意識に起こるのかというと、地球に生を受けたこと自体が奇跡であり、自分の存在自体が360万年以上もの間宇宙實親の恩愛の中で育まれて来たことを知り、理解し、実感するのです。 普通に生活できることは全く普通ではなく、大いなる宇宙の支えによって成り立っていることを悟るのです。このような心を持った人達はもう争うことをしません。お互いがど

のような必然的プロセスを経て「今、茲」に生かして頂いているのかを納得するからです。

 このような人類意識の進化プロセスは、正に宇宙實親の進化プロセスと一致しているように思います。

小田野先生によれば、物事すべてまず「加える」ということがあって引いたり割ったり出来るのですから、宇宙の進化も最初には加わっていったのだとおっしゃいます。小田野先生は現代科学でも全く考えていない「前提宇宙」という画期的な考え方を提示されました。今私達が住んでいる宇宙が生まれる前の「前提宇宙」という宇宙があったと考えられました。

赤ちゃんは自分の意識とは関係なく、無意識に手や足を動かします。宇宙の初期状態もこのように意識の無い状態、つまり混沌とした状態だったと思われます。無意識な動きが起こりその動きにさらに新たな動きが加わりしだいに動きの加速が起こってきます。磁石を想像してみて下さい。磁石ですからどんどん引き付けていきます。引き付けて、引き付けてどんどん引き付けていくと、その中心部は空間的限界があるので濃縮から凝縮が起こり過熱、加圧していきます。音は轟濁音化し、圧熱度はさらに上がり「火の玉宇宙」となります。後から後から引き付ける力が加わり、中心部は、凝集、濃縮、凝縮状態を経て想像を絶する大苦悶の果てに、もうこれ以上引き付けることができず引き付ける力が限界に達したその瞬間に、火の玉宇宙全体が大爆発反転を起こしたと思われます。極限状態に達した行き場のない求心力が大爆発反転したその瞬間に、宇宙の隅々までその一点一点が「無限透明の真空」=「絶対無限宇宙」=絶対磁電場が完成されたのです。

 求心の極みに至って大爆発反転されたのですから、人類意識も正しく「概念」から「天念」への大転換を果たすのだと思います。

「今茲」からがスタートだと思います。地球生活の様々な現実から宇宙法則を理解できる、命の燃え上がる創造を日々問う「命の問い三昧」の人生が始まるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA